Garden of Spirits☆

スピリチュアルな気付きを綴っていきます。

チャネリングしてみよう

思考のおしゃべりが止まっている状態の事を、ここでは瞑想状態と呼ぶことにしましょう。

 

私たちが瞑想状態の時、意識がありながらも高次元へアクセス可能となっています。

 

少し開いた扉から色々知恵やアイデアをもらってきて、現実生活に生かす、これがチャネリングの楽しさです。

 

少し真面目に練習すれば、誰でもラクに瞑想状態になる事ができます。

慣れていれば、5分もかからないでしょう。

 

ヘミシンクやホロシンクなどといった変性意識状態を作り出してくれる音響技術を使ったCDを利用するのも賢いやり方です。これらを使うと、素人でもいとも容易く深い瞑想状態に入る事ができます。

 

チャネリングは霊能力など特別な力がないとできないのか?

いいえ、違います。

チャネリングは、真面目に練習さえすれば誰にでも簡単にできます。

必要なのはガイドやハイヤーセルフと話したいという熱意だけ。

それさえあれば、お金をかけずにあなたもチャネリングを容易に出来るようになります。

 

さぁ、ここからは私と一緒にチャネリングの扉を開いてみましょう。

小鳥たちのさえずりが響く涼しげな森で、小川のせせらぎの音を聞きながら目を閉じて深呼吸すると、とても心地良いですよね?

 

「ああ、気持ちいいなぁ」と思いながら、何となく今悩んでいる事を思い浮かべると、ふと普段とは違う、落ち着いた冷静な良いアイデアが頭をよぎりませんか?

 

無意識でしょうが、実はこれもチャネリングです。

 

普段、決して止むことがない私たちの思考を意識的に一旦ストップさせ、脳とは別のところから「なんとなく」思い浮かんだ言葉を拾うと、それがハイヤーセルフ(高次の自己)やガイドスピリットからのメッセージだったりします。

 

ね?難しくないでしょう?

 

ポイントは2つ。

 

☆思考のおしゃべりをストップさせること。

☆「なんとなく」浮かんだ言葉を拾うこと。

 

です。

 

高次元からのメッセージは、頭頂にあるクラウンチャクラを通って私たちに届けられます。

空想したり想像したりする、脳の同じ領域が使われているのですね。

 

なので、チャネリングは、まるで自分の妄想であるかのように思えるのが特徴です。

 

やってみると、普段の自分では到底考えつかないような、素晴らしいアイデアが降ってきたり、思いも寄らない良い解決策を思いついたり、チャネリングではそれが当たり前のように起こります。

 

まるで自分ではないかのように思える事もしばしばです。

なんだか自分がとても賢くなったように思えることも多いです。

 

チャネリングは、本当に私たちが誰でも持っている自然なスキルなのです。

 


では、私のチャネリングの仕方をお教えします。


完全に自己流ですので、予めご了承ください。


まず用意するモノ。


☆お気に入りエッセンシャルオイル数本

☆ヘミシンクのメタミュージックCD

☆大きめの水晶クリスタル

 

まずは準備段階。

 

1) 私の場合、エッセンシャルオイルは今のところヤングリヴィングを使っています。

 

必ず使うのは、グラウンディング、リリース、ヤングヴァラー、ホワイトアンジェリカ、ワイエルハーモニーの5つです。

 

グラウンディングは2滴手の平にとって擦り合わせ、両足裏に塗ります。

他のオイルは、2滴ずつ手の平にとって擦り合わせ、全身に軽く擦りつけます。

 

2) チャネリングクリスタルを左手に握り、目を閉じてヘミシンクのアセンションかハイヤーあたりをヘッドフォンで聴きながら、グラウンディングします。

 

【グラウンディングの仕方】

天から金色の光が降ってきて、頭に降り注ぎそのまま光が体を通って、足裏へと流れていき、足裏から根が伸びて地球の内側へと伸びていくところをイメージします。

根を通じて光が地球のコアに届き、自分のネガティブな汚れたエネルギーが、そこでリサイクルされて美しい銀色の光に変わるところをイメージします。

 

その後、その銀色の光が、根を通り上へ上へと上っていき、自分の足に到達し、そのまま体を通って強力な大地のエネルギーが、頭上に到達し、そのまま光が全身を包むように繭上になって自分を守っているところをイメージします(ヘミシンクのリーバルを作る要領で)。

 

3) 美しいエレベーターをイメージし、それに乗り込みヘミシンクのフォーカス27へ行き、到着して外へ出たら、迎えに来たガイドと一緒についていきチャネリングスペースへ案内してもらいます。

 

そこでガイドやハイヤーセルフや天使と色々お話しします。

 

大雑把に言うと以上のような遣り方でチャネリングしてます。